HOME SCHEDULE SOMECITY 2017-2018 TOKYO 1st 第6戦

SOMECITY 2017-2018 TOKYO 1st 第6戦

SOMECITY 2017-2018 TOKYO 1st 第6戦:ゲーム概要

日程 2017年7月12日
会場 クラブチッタ川崎
時間 18:45 開場 19:15 開演
先行販売開始日 2017年6月10日
一般販売開始日 2017年6月17日

SOMECITY 2017-2018 TOKYO 1st 第6戦:ゲームプレビュー

SOMECITY 2017-2018 TOKYO 1st 第6戦 プレビュー


今シーズンのSOMECITY TOKYOも、残すはたったの2戦のみとなった。

リーグ戦の戦績上位4チームには、2017-2018 1stシーズンのCHAMPIONを決める「PLAYOFF」への出場権が、

同じく7位のチームにはレギュラーチーム残留を賭けて行われる入替戦「SOMECITY CRASH」が、

そして、最下位・8位のチームには、優勝チームにのみ来シーズンのレギュラーチームの座が与えられる、

1DAY TOURNAMNET「WHO'S GOT GAME? CHAMPIONSHIP」が用意されている。

上位争い・そして残留争いが激化する、第6戦の行方や如何に。


【GAME1】

→!!PICK UP GAME!!←

420(1勝4敗) vs 平塚Connections(3勝2敗)

オープニングアクト【GAME1】に登場するのは、現在最下位タイに沈む420。

第2戦で同じく1勝4敗のBLACKTOPに直接対決で敗れているため、

このゲームを落とすようなことがあれば、いよいよシーズン最下位にリーチが掛かる。

大黒柱・#24 SHOWに依存しない、昨シーズンのような総力戦を展開して、来季のレギュラーチーム残留を果たしたいところ。

迎え撃つ平塚Connectionsは、現在3連勝中と絶好調。

現時点におけるTOKYOストリートボールシーンで最も勢いのあるチームだ。

このゲームに勝利すればPLAYOFF進出はほぼ確実だろう。

ストリートNo.1スラッシャー・#9 CHIHIROと超攻撃的司令塔の#4 TAKATOの2大スコアラーを軸に、

TEAM GREENが連勝記録をどこまで伸ばせるか注目したい。


【GAME2】

→!!PICK UP GAME!!←

BLACKTOP(1勝4敗) vs TEAM-S(2勝3敗)

無礼を承知で、続く【GAME2】を一言で表すなら、「クソガキ vs おっさん」である。

副題はどうあれ、来季のレギュラーチーム残留を占う上で重要なマッチメイクであることに変わりはない。

若きballaholic#44 KOSUKE率いる「クソガキ軍団」BLACKTOPは、

前節・第5戦で存在感を放った#55 KONOSUKEに期待が懸かる。

平均年齢20歳前後のNEW FACEでロスターを一新した今シーズンは、

「小さくてドリブルが突けて1on1を仕掛ける」似たようなボーラーが多く、

正直言ってなかなか名前を覚えることができなかったが、

シーズン終盤に差し掛かって、ようやく一人ひとりがエゴを出し始めた印象だ。

対する「おっさん軍団」TEAM-Sは、今年で結成20年。

SOMECITYのリーグ創設時はおろか、ストリートボール創世記からシーンの第一線に君臨し続けている。

酸いも甘いも知り尽くした百戦錬磨の大ベテラン、#4 SHINPEI・#7 JUNのアラフォーコンビが、

マナーの悪い礼儀知らずな今時の若者たちに、ストリートの厳しさを教えることができるだろうか。

数ヶ月前にSNSを賑わせたような、TPOをわきまえない危ないプレーが出ようものなら一触即発間違いなし。

何が起こるか、今から楽しみだ。


【GAME3】

F’SQUAD(4勝1敗) vs 44STREET(2勝3敗)

前節・第5戦でチームを勝利に導くサーカスショットをメイクして、

今季初の「YOU THE MAN」を獲得した#91 KYONOSUKEが【GAME3】に登場する。

リズムを刻むドリブル、トリッキーなパス、タフなアタック、クイックモーションで放たれる3ptシュート。

F’SQUADの若きエースとしてシーン全体を牽引する彼の、こだわり抜いたプレーの1つ1つに酔いしれてほしい。

自由に遊ぶストリートボールで弟分に角の違いを見せつけて、満足のいく内容でPLAYOFF進出を確定させることができるか。

その一方で窮地を迎えているのが、対戦相手である44STREET。

ポイントゲッターの#2 AIKI(東京エクセレンス)が前節・第5戦を最後にチームから離脱し、得点力は大幅にダウン。

リーグ戦通算2勝3敗・現在5位タイの彼等は、あと1勝で来季のレギュラーチーム残留がほぼ確定する。

未だ潰えていないPLAYOFF進出に望みを繋ぐためにも、是が非でも金星が欲しい。

唯一のオリジナルメンバー・#25 SEN、身体能力を生かした1on1が売りの#22 TSUBASAが、

“リル・アーヴィング”の抜けた穴を何処まで埋めることができるだろうか?


【MAIN GAME】

KIDROC(4勝1敗) vs TOKYO BEAST(3勝2敗)

【MAIN GAME】で第6戦のトリを飾るのは、強すぎるKIDROC。

先日行われたスピンオフイベント「SOMECITY PLAYGROUND」で、

仮に彼等が単体チームで出場したとしても、そこまで文句は出なかったろう。

第5戦ではフルメンバーの420に30点差をつけるフルボッコで首位をガッチリとキープ。

ロスターに名を連ねる全員が、他チームなら主役を張れるボーラーだ。

メインイベンターとしての務めを全うして、サクッとPLAYOFF進出を決めてくれるだろう。

エース・#13 SOGEN a.k.a.Worriorがチームを牽引するTOKYO BEASTは、

190cmの動けるビッグマン・#24 T-Smoothがイエローコートにアジャストし始めた。

機動力を生かしたブロックショットだけでなく、第5戦ではWオーバータイムでウイニングショットを沈めるなど、

決定的な仕事をやってのける重要な存在へと化けつつある。

#0 MARU、#1 HAYATO、#05 NARUSEらKIDROC自慢のルーズボールハンターたちと、

五分のゴール下争いを繰り広げることができれば、このゲームの結末は、もしかすると違ったものになる…かもしれない。

(text by 石井ジョゼ)

SOMECITY 2017-2018 TOKYO 1st 第6戦:対戦カード

第1試合

420
VS
平塚Connections
第2試合

BLACKTOP
VS
TEAM-S
第3試合

F'SQUAD
VS
44STREET
MAIN GAME

KIDROC
VS
TOKYO BEAST




チケット購入

会場席図
席図について ●指定席
コートサイドの最もコートに近い席。SOMECITY を見るならここがおすすめ!実際にボールが飛んできたり、ボーラーと接触するくらいの迫力と臨場感が体験できる。

●自由席
ゴール裏からコート全体を座ってみられる自由席は、SOMECITY 初心者や落ち着いて観戦したい人におすすめです。ただし、自由席なので早めに来ないといい場所と取れないかも。

●スタンディング
コートサイドの指定席以外のフリーエリアがスタンディングエリア。踊ったり騒いだり、コート近くでプレーを楽しんだりと自由にSOMECITYを楽しめる。
前売
サムチケでの購入
(セブンイレブン発券)