HOME SCHEDULE SOMECITY 2017-2018 TOKYO 1st PLAYOFF

SOMECITY 2017-2018 TOKYO 1st PLAYOFF

SOMECITY 2017-2018 TOKYO 1st PLAYOFF:ゲーム概要

日程 2017年8月23日
会場 新木場スタジオコースト
時間 18:00 開場 19:00 開演
先行販売開始日 2017年7月15日
一般販売開始日 2017年7月22日

SOMECITY 2017-2018 TOKYO 1st PLAYOFF:ゲームプレビュー

【GAME1】

KIDROC(レギュラーシーズン2位) vs TOKYO BEAST(レギュラーシーズン3位)

今季は圧倒的な強さを見せつけたKIDROC。

第6戦でYOU THE MANを獲得したシューター・#34 Yohey、スーパーハードワーカー・#05 NARUSE、

0.1tのポイントゲッター・#09 KOJI、ムードメーカー・#0 MARU、仕事人・#1 HAYATO、

ハンドラー・#69 16flip、166cmのジョーカー・#23 TSUKASA。

誰がコートに立っても戦力がほとんど変わらない選手層の厚さは、頭一つ抜きん出ている。

DNPさえなければ、油断や慢心を差し引いても彼等が優勝候補筆頭No.1だ。

そんな最強のクソガキ軍団に挑むのは、絶対的エース・#13 SOGEN a.k.a.Woriorを中心に、

安定した戦いを見せてレギュラーシーズン3位に食い込んだTOKYO BEAST。

圧倒的な攻撃力はないものの、チームの頭脳・#1 KING、主力メンバーにまで成長した#24 T-smooth、何故かプレイングタイムが増えてきた絶叫モンスター・#4 409ら、

ベンチメンバーまで一丸の総力戦で番狂わせを狙う。

【GAME2】

F’SQUAD(レギュラーシーズン1位)vs TEAM-S(レギュラーシーズン4位)

【GAME2】には、奇しくも開幕戦の同一カードがマッチメイクされた。

今季の開幕戦でTEAM-Sを圧倒して勢いに乗ったF’SQUADは、レギュラーシーズンを1位で通過。

しかしながら、主力ボーラーのコンディションに不安が残る。

完全復活の兆しを見せた闘将・#7 K-TAが、第7戦で「YOU THE MAN」を獲得する一方で、

もう一人のエース・#91 KYONOSUKEが故障を抱えながらプレーを続けるという苦しい状況だ。

一方のTEAM-Sは、開幕戦こそF’SQUADに後れを取ったものの、尻上がりに調子を上げて、昇格直後のシーズンを4位でフィニッシュ。

見事PLAYOFFへの切符を手に入れた。

#4 SHINPEIや#7 JUNらアラフォー・ベテランボーラーのサポートを受けて、

#24 GENYAや#31 SLEEPERら伸び盛りの若手ボーラーが躍動し始めた現在の仕上がり具合は、開幕戦とは比べ物にならないだろう。

また、今回は一発勝負のトーナメント戦だけに、酸いも甘いも知り尽くしたヘッドコーチ・AN氏の采配にも注目したい。

蓋を開けてみるまで結果の読めない、SFダービーの結末やいかに。

【SOMECITY CRASH】

BLACKTOP(レギュラーシーズン7位) vs SUNDAY CREW(WHO’S GOT GAME?CHAMPIONSHIP準優勝)

少し昔話をしよう。レギュラーシーズン7位に終わったBLACKTOPのフロントマン・#44 KOSUKE。

彼が大学在学中にストリートボールデビューを果たし、同学年の岡本飛龍(拓殖大学→島根スサノオマジック/B1)とのマッチアップで名を挙げたことは周知の通り。

しかし、彼が大学4年時に残したもう一つのエピソードをご存知だろうか。

当時関東4部から3部への昇格を果たしたばかりのKOSUKE擁する西武文理大学は、春のトーナメント戦で同2部の格上・立教大学を破る快挙を成し遂げている。

このアップセットの、もう一人の立役者が、今シーズン途中からチームに加入した#7 ISHIDAだ。

司令塔として攻撃を組み立てるKOSUKEと、外から鮮やかに3ptシュートを射抜くISHIDA。

2人のコンビが会場を大いに沸かせ、西武文理大学は見事な逆転勝利を納めたのだった。

あれから2年。彼等2人のステージは、体育館からクラブチッタ川崎へ。大学バスケからストリートへと移すことになる。

2017年7月26日、レギュラーシーズン最終節。負ければシーズン最下位が確定する格上のKIDROC戦で、BLACKTOPはデジャヴのようなジャイアントキリングをやってのけた。

その立役者が、ISHIDAだ。彼の3ptシュートが、デジャヴのように火を噴いたのだ。

「ATTACK THE RIM.」を掲げるチームに、最強の飛び道具が加わったBLACKTOPは相当に手強い。

大物食いの腹ペコシューターが、かつての相棒KOSUKEとBLACKTOPを、来季のレギュラーチーム残留に導くことができるか。

たった5人で「WHO’S GOT GAME?CHAMPIONSHIP」を戦い抜いたSUNDAY CREWは、

リーダー・#23 Kyleが鍵を握る。「ショーストッパー」と称される鉄壁のディフェンスはもちろんのこと、MC MAMUSHIを震わせた闘志あふれるプレーに注目したい。

サイズやフィジカルでは分があるだけに、12分間ハッスルし続けることができれば勝機は十分にある。

勝った方が来季のレギュラーチームだ。

PLAYOFFの裏メインイベント、「入替戦」SOMECITY CRASHが始まる。

(Text by 石井ジョゼ)


《STUDIO COAST 席図》


SOMECITY 2017-2018 TOKYO 1st PLAYOFF:対戦カード





チケット購入

会場席図
前売
サムチケでの購入
(セブンイレブン発券)
当日券
会場窓口での購入
当日券あり 会場入口にて一般価格より500円増での販売