HOME SCHEDULE SOMECITY 2017-2018 TOKYO 2nd 第6戦【10th Anniversary Special】

SOMECITY 2017-2018 TOKYO 2nd 第6戦【10th Anniversary Special】

SOMECITY 2017-2018 TOKYO 2nd 第6戦【10th Anniversary Special】:ゲーム概要

日程 2017年12月20日
会場 クラブチッタ川崎
時間 18:45 開場 19:15 開演
先行販売開始日 2017年11月18日
一般販売開始日 2017年11月25日

SOMECITY 2017-2018 TOKYO 2nd 第6戦【10th Anniversary Special】:ゲームプレビュー

SOMECITY TOKYO10周年記念イベント

SOMECITY 2017-2018 TOKYO 2nd 第6戦【10th Anniversary Special

すべての来場者の方に、10周年イベント限定Teeをプレゼント!!

イベント終了後には、来場者と出場ボーラー、関係者を含めて全員でのフォトセッションも行います。

特別仕様のSOMECITY TOKYOに是非お越しください。

さらに、SOMECITY TOKYOに関する特別なアナウンスもあります…

SOMECITYが変わる???

こうご期待!!


ゲームプレビュー

【GAME1】

420(2勝3敗)vs TEAM-S(1勝4敗)

まだPLAYOFF進出の可能性が残されている420が、オープニングアクト【GAME1】に登場。前節は#エース・24 SHOWがインサイドでディフェンスを引きつけて、#20 KAZUTOと#88 TATSUOのシューター陣がオープンショットを沈める理想的なゲーム展開で、見事2勝目を手に入れた。第5戦からはキャプテン・#32 TAIKIが合流して、全てのピースが集まったDEAD FRESH CREW。チーム一丸の総力戦で、未だ一度も成し遂げられていないSEASON CHAMPIONの望みを繋ぐことができるか。

対するTEAM-Sは、このGAMEに敗れると残留トーナメント行きが確定してしまう。攻守の鍵を握るのは、安定感のあるシュートで次世代エースの呼び声高い#31 SLEEPERと、滞空時間の長いダイナミックなブロックショットを持つ#4 SHINPEI。怖いもの知らずの若手が攻めて、百戦錬磨のベテランが守る一文字違いのNEW YOKOHAMA STYLEに期待したい。

【GAME2】

平塚Connections(3勝2敗) vs SUNDAY CREW(1勝4敗)

この【GAME2】に勝利すればPLAYOFF進出がほぼ確実になる平塚Connectionsは、10年前から不動のスターターとしてイエローコートに立ち続ける#2 SHIGEOが好調。全盛期の勝負強い3ptシュートを取り戻しつつある。#4 TAKATOと#14 RYANのホットラインが確立された今シーズン、チーム最年長の「SOMECITY初代MVP」が爆発力を与えることができれば、現時点でTEAM GREENに死角はないはずだ。徐々にプレイングタイムを増やしつつある、もう一人のルーキー・#16 HAYATOの1on1も要チェック。

TEAM-S同様、もう後がないSUNDAY CREEWは、前節で唯一負けチームから「YOU THE MAN」にノミネートされた#23 Kyleが絶賛孤軍奮闘中。第4戦からジョインした#0 マクファー、同じく第5戦で初登場の#6 JOEら脇を固めるボーラーが、チームNo.1のスコアラーであり、チームNo.1のハードワーカーである彼を、どれだけサポートできるかに懸かっている。

【GAME3】

TOKYO BEAST(3勝2敗) vs 44STREET(3勝2敗)

現在3勝2敗、2位タイ。【GAME3】は、PLAYOFF進出を賭けた両者の一戦が用意された。TOKYO BEASTは、第5戦で現役大学生・#0 HIROKIがYOU THE MAN を獲得。LIVE配信のMCを担当するマーク氏曰く「ちょっと石井ジョゼ似」の、ハンドルも外もある、これまでの猛獣軍団にいなかったタイプのボーラーだ。たった1GAMEのインパクトが、青年をストリートボーラーに変えてしまった。この舞台は麻薬みたいなものだ。一度味わったら止められない、中毒性の強い、甘美な誘惑で溢れている。スキルこそ全てのイエローコートに魅了されたYOUNG GUNが、次はどんな景色を見せてくれるのだろう。

そんな同世代のブレイクに、44STREETが燃えないわけがない。相手ディフェンスを一瞬でズラすエグいクロスオーバーを持つ#22 TSUBASA、MC MAMUSHIも熱い視線を注ぐルーキー・#74 yu-kiなど、ビッグマンこそ居ないものの、オーディエンスを発狂させるのに十分なタレントは揃っている。このGAMEが今後の彼等のターニングポイントになることは間違いない。第5戦の惨敗直後にバックヤードでballaholicディレクター・TANAからキツいお灸を据えられたという若きballaholicたち。シーズンの行方を占うビッグゲームで、チーム結成当初に掲げていた自分達のスタイル・「ONE PLAY,ONE GAME.」を取り戻すことができるだろうか?

【MAIN GAME】

KIDROC(4勝1敗) vs F’SQUAD(3勝2敗)

10年目のAnniversary GAMEを締めくくる【MAIN GAME】は、KIDROCとF’SQUADによる、現時点で最も期待できるマッチメイク。2017-2018 1stシーズンではリーグ戦とPLAYOFF合わせて計6度のオーバータイムを戦い抜いたライバル同士による、TOKYO最強を賭けた一戦だ。

現在単独首位のKIDROCは、誰がコートに立っても戦力が落ちない、ブ厚いロスターを誇る。最強の7人の中で異色を放っているのが、短いプレイングタイムで高いFGを残す#1 HAYATO。190cmのサイズを活かした献身的なリバウンドと、いぶし銀のバンクショットが光る、コストパフォーマンスの良いプレーをお見逃しなく。

対するは、10年前からレギュラーチームにその名を刻む初代王者F’SQUAD。#7 K-TA、#10 AB、#18 MATSUといったリーグ創設時を知るベテランボーラーに、現在のジャパニーズ・ストリートボールシーンのアイコン的存在である#91 KYONOSUKEを加えた、言わずと知れたSOMECITYのモデルチームである。絶体絶命のピンチに笑顔を浮かべるイカれた彼等は、これまでに数えきれないほどのハイライトと、ドラマを生み出してくれた。このGAMEも、きっとこれからもそうだろう。認めたくない人々もいると思う。それでも、この10年間は、オレンジ×ブルーのゲームシャツと共にあった。ドリブル、パス、リバウンド、シュート。彼等のプレー1つ1つに、SOMECITYが歩んできた10年の歴史が凝縮されている。SOMECITYとは何なのか?何ができる?何がしたい?このGAMEが終わった時、僕たちはきっとそのヒントを、彼等から手に入れているはずだ。

日本中のストリートボーラーが注目する、最高の夜が始まる。リスペクトを込めて、グッドプレーにはありったけの歓声を。バッドプレーには、容赦ないブーイングを。大いに騒ごう。大いに楽しもう。さあ、誕生会の幕開けだ。


SOMECITY 2017-2018 TOKYO 2nd 第6戦【10th Anniversary Special】:対戦カード

第1試合

TEAM-S
VS
420
第2試合

平塚Connections
VS
SUNDAY CREW
第3試合

TOKYO BEAST
VS
44STREET
MAIN GAME

F'SQUAD
VS
KIDROC




チケット購入

会場席図
席図について ●指定席1列目
コートサイドの最もコートに近い席。SOMECITY を見るならここがおすすめ!実際にボールが飛んできたり、ボーラーと接触するくらいの迫力と臨場感が体験できる。

●指定席3列目 NEW!!
2017-2018 2ndシーズンより新しく登場。高さ60cmの高台に設置された3列目。少し高い位置から落ち着いて観戦ができる新座席です。

●自由席
ゴール裏からコート全体を座ってみられる自由席は、SOMECITY 初心者や落ち着いて観戦したい人におすすめです。ただし、自由席なので早めに来ないといい場所と取れないかも。

●スタンディング
コートサイドの指定席以外のフリーエリアがスタンディングエリア。踊ったり騒いだり、コート近くでプレーを楽しんだりと自由にSOMECITYを楽しめる。
前売
サムチケでの購入
(セブンイレブン発券)
当日券
会場窓口での購入
・前売りチケット完売時は当日券なし
・当日券販売がある場合は、会場入口にて一般価格より500円増での販売