HOME TOKYO SOMECITY SENDAI
SOMECITY SENDAI

「SOMECITY SENDAI」

SOMECITY SENDAI開催!!

各都市のSOMECITYチャンピオンが集まる、SOMECITYリーグのCHAMPIONSHIP「SOMECITY 2010-2011 THE FINAL」の出場権をかけて、"SOMECITY SENDAI"が開催される!
bjリーグ仙台89ERSのホームゲーム内にて行われるタフゲームを勝ち抜き、SOMECITYが用意するシーズンラストの最高の舞台に、仙台代表として名乗りをあげるのはどのチームだ!?

詳細

◆日時
2月6日(日)
9:00受付
9:15開始

※会場が8:50頃に開き次第入場、受付となります。

◆場所
仙台市体育館
(宮城県仙台市太白区富沢1-4-1)

・仙台市 地下鉄「富沢駅」より徒歩5分
・参加者用駐車場はございません。公共交通機関でのご来場をお願いいたします。

◆タイムテーブル
9:15~10:45 一回戦~準決勝
13:00~13:20 決勝
※一回戦~準決勝の試合は一般観戦はできません。
※決勝は89ERSホームゲームの試合前に行います。

◆PRIZE
・2011年2月19日(土)SOMECITY 2010-2011 THE FINAL出場権
・仙台~東京間の交通費

◆参加特典
参加者全員に当日の89ERSホームゲームのチケットをプレゼント

◆参加チーム
最大16チーム

◆エントリー費
1人1000円(税込)
(1チーム3~7人登録可能)

【エントリー費は事前にお支払いいただきます】
※エントリー申し込み後、お支払いに関してメールをお送りします
※携帯メールの受信についてドメイン設定をされている方は@somecity.tvを登録ください。
※SOMECITYのWEBより参加申し込み後の大会詳細についてはinfo@somecity.tvからメールにてご連絡させていただきます。

◆トーナメント表
SOMECITY SENDAIトーナメント表

◆エントリー
代表者の方は「SOMECITY SENDAIエントリー希望」の一文と下記項目をご記入の上、下記のお問い合わせフォームよりお申し込みください。
確認後、事務局より「受付完了とエントリー費お支払い方法」のメールを返信いたします。

①チーム名
②代表者氏名
③年齢
④携帯番号
⑤住所

※携帯メールの受信についてドメイン設定をされている方は@somecity.tvを登録ください。
※SOMECITYのWEBより参加申し込み後の大会詳細についてはinfo@somecity.tvからメールにてご連絡させていただきます。

★受付期間:終了

◆ルール
【SOMECITY公式ルールに基づく】
・試合時間はフリースロー時も流し。
・前半残り10秒、後半残り1分からボールがデッドの状態(アウトオブバウンズ、ファウルコール時、得点成立時)になる度に試合時間は止まる。
・試合終了時に両チームが同点の場合は、40秒延長戦。試合時間止め。
・パーソナルファウルなし。
・ハーフタイム30秒。
・オフェンス不成立時、攻守交替はディフェンス側の選手がボールと一緒に3ポイントラインの外に両足で出なければならない。
・15秒ショットクロック採用。(後半残り1分から)
・タイムアウトなし。
・前半(と延長戦)はティップオフにて試合開始。
・3ポイントシュートエリアからのシュート‐3点、それ以外のシュート‐2点、フリースロー‐1本1点。
・シュート時のファウルはフリースロー2本。リバウンドはなし。ファウルをしたディフェンス側のボールで試合再開。
・バスケットボールカウント(and1 アンドワン)
シュート時、シュートモーション時にファウルされ、なおかつシュートが入った場合は、シュートの得点がカウントされ、得点+フリースロー1本+マイボール(シュートを決めた側)でゲーム再開。
・選手交代はプレイが止まっていれば(ボールがデッドの状態ならば)いつでも可能。ただし審判に交代を告げ、コートに呼び込まれて成立とする。
・ヘルドボールは当該者同士でジャンプボールで再開
・ディフェンス側の選手がリバウンドを片手または両手で取り、両足で着地した瞬間からボールを保持したとみなされ、その後に攻守交替が成立するまで(3ポイントラインの外に出ることを)妨害してはならない。
-スティールまたはカットボールに関してもディフェンスリバウンド時と同じである。

【アドバンテージ・ルール(SOMECITYオリジナルルール)】
後半開始前、負けているチームのオフェンスで行われるオリジナル1on1。
レギュレーションの時間と関係なく得点を追加できるチャンスが与えられる。
負けている側のチーム(前半の得点が少ないチーム)=オフェンス
勝っている側のチーム(前半の得点の多いチーム)=ディフェンス
チームはそれぞれ1人ボーラー選び、代表としてコートに送り出す。
-アドバンテージ・ルールの結果に関わらず、後半は負けたチームから開始する。
-負けているチームがアドバンテージ・ルールの得点で同点になった場合は得点したチームのボールで後半再開。
-ファウルされた場合、シュートファウルはフリースロー2本、それ以外のファウルはやり直し。オフェンスはリバウンドなしの1ショットのみ。
前半終了時のスコアが同点の場合
-それぞれ一回ずつ1on1を行う。オフェンスが成功したほうのボールで後半再開。
-両チームともオフェンスが成功した場合、または失敗した場合、ティップオフで後半再開。

【15秒ショットクロック(SOMECITY オリジナル)】
後半残り時間1分から、15秒のショットクロックが採用される。
-オフェンスは15秒以内にシュートしなければならない。
-(後半残り1分を切ったら)オフェンスは15秒以内にシュートしなければならない。
-15秒以内に打ったシュートがリングに当たった場合、ショットクロックは一度リセットされる。
-時間内にボールがオフェンスの手からリリースされていた場合はシュートとみなされる。
-時間内にシュートを打てなかった、または放ったシュートがリングに当たらなかった場合はバイオレーションで攻守交替となる。
-残り1分を切った時にすでにオフェンス継続中の場合、ラスト1分を切った時点からショットクロックがスタートする。